2015年11月16日月曜日

仕事用のサイトは結局ワードプレスにした







自分のサイト再構築は、
結局ワードプレスでやることにした。

よけいなプラグインを減らしたり、
表示画像を適度に圧縮にしたりで工夫していけば、
重さはある程度なんとかなりそう。



ムーバブルタイプはたぶんもう古い。

ベーサーCMSは新しすぎて、
素人が参考にできる解説サイトがまだほとんどない。

HTMLで構築するのであれば、
なにかしらソフトを買わないと面倒そうだし。

一からタグ打ちで作るなんて、
もういまさらやりたくないです。



昔はじめて自分のサイトを作ったとき(15年以上前?)は
ネットスケープの簡易機能でざっくり作ったあと、
エディタ使って無駄なタグを削っていったっけ。

いまとなっては懐かしい思い出ですね。


現在と比べると表現は不自由だったし
見た目もダサかったけど、
作りも表示もシンプルで、
素人でもとっつきやすかった。

なにより、
webの表示はPC/ブラウザが古い人にも配慮するという
(今はなき)常識が、
個人的には好きだった。

今ってなんか全部切り捨て感がある。

古い環境の人が悪い、全部自己責任、みたいな。




サイトのほうは、
この週末でなんとか枠組みまでは作れたので、
あとは作品画像とデータをつっこんでいけばOK。


事前に参考にしようと
いろんなアーティストのサイトを見てまわったんだけど、
やっぱりどこも重い重い。
(重いのきらい。)



そのへんを戒めに
アートサイトだけどシンプルでさくさく軽い、
スマホからも見れますよ、というサイトを
目指してみようと思う。


しょせんweb関連は素人だから
たいしたものはできないのだけど、
困ったことにけっこうこういうのいじるのは好きなのだ。
もうちょっとちゃんと勉強するべきだったな。
というか、しないとな。


まあ、サイトいじってて作品作る時間なくなるなんて
本末転倒もいいとこだけども。



恩師の訃報

和紙の原料のひとつ、ミツマタ 先日、ともだちの若手和紙職人から一通のメールがきました。 「今日、○○さんが亡くなったそうです。」 突然の訃報 ○○さんとは、私にとっては紙漉きをおそわった師匠であり恩師なのだけど、 その○○先生が亡くなったという連絡で...