2017年7月3日月曜日

初めての鬼怒川温泉で買ってきた、おいしいお酒

栃木の地酒、澤姫。美味でした。


鬼怒川温泉へ行った


研修旅行です。

でもふだんの仕事のじゃなくて、
とあるイベント事務局の懇親旅行 兼 研修旅行。

なんでかわからないのだけど
去年くらいから地域密着型展覧会の事務局スタッフにひきずりこまれてます。

そんな余裕あるのかっていう。(ほんとはたぶんない)


廃墟ストリート


鬼怒川の駅側の岸はそこそこひとがいてにぎわってるふうなのだけど、
反対側の岸の通りがみごとに廃墟通りと化していて、震えた。

今回はバスツアーだったので、駅側のにぎわいを見たのはむしろあとから。

到着したホテルから、チェックインの時間まで時間があったので
すこしばかりみんなで周辺を散策したのです。

夜とかぜったい一人で歩きたくないよね、あっち岸。


澤姫 吟醸


それはともかく、おいしいお酒を買いました。
名前は澤姫(さわひめ)。
さわやかですいすい飲めちゃう。
さっぱりやや辛めなんだけど、角(かど)がなくて美味です。

井上清吉商店さんのお酒。杜氏さんの名前も書いてある。

私は純米酒至上主義じゃないんで、
アルコール添加してあってもあんまり気にしません。
(糖類や酸味料が添加してなければだいたい許す。)

四合瓶でたしか2,000円くらい。
うちでふだん飲むお酒にくらべるとちょい高めね。
でもお土産だからこれくらいいいよね~。


また飲みたい

今度また機会があったらこれ買いたい。
ぜったいまた飲みたい。
忘れないようにラベルも撮ったよ、自分メモ用に。

っていうか、栃木に嫁にいった妹にたのんで送ってもらえばいいのかな。

帰ってきてうちで栓を開けたら
そばから両親がぱかぱか飲んでくれるもんだから、
あっというまに空になってしまったのですよ。
だから自分ではあんまり飲めずじまい。
なんだか、一瞬のまぼろしのようなお酒体験でした。

ちなみにあっちの宿でみんなで飲んだ、鬼殺し系の地酒はイマイチだった。



恩師の訃報

和紙の原料のひとつ、ミツマタ 先日、ともだちの若手和紙職人から一通のメールがきました。 「今日、○○さんが亡くなったそうです。」 突然の訃報 ○○さんとは、私にとっては紙漉きをおそわった師匠であり恩師なのだけど、 その○○先生が亡くなったという連絡で...