2017年4月19日水曜日

股関節周辺が痛み出してきて、今後どうするか考えた



ごぶさたです。
更新が一年ちかくあいてしまった間に
一番下の叔父だけでなく、
一番上の伯父までガンで亡くなってしまいました。
それについてはまた、機会があれば。


今回はふたたび、私の股関節のはなし。


脚の悪いひと

自分の股関節に違和感がでるまで、
杖をついているひとはみんな膝が悪いひとなのだと
なぜか漠然と思っていた。

たぶんちがう。
私のように股関節が悪くなり、
最終的に痛みが出てしまったひとも
きっとたくさんいたのだろう。


股関節の治療法

股関節の治療には、手術療法と保存療法のふたつがある。

手術療法は関節を人工のものに置き換えたりして
根本の痛みをとろうとするもの。

保存療法は、痛み止めを飲んだりマッサージや運動をしたりして
極力手術をさけようとするもの。


私が手術をしたくない理由

私は痛み止めアレルギーがあって、
ほぼすべての痛み止めが飲めない。

手術をしてもある程度は痛み止めのお世話になるだろうし
保存をこころみても、
悪くなっていけば痛み止めは必要になる。

痛み止めが必要な状態にしなければいいのだけど、
それって可能なの?と思い、
ネットで検索してみた。


銀座にみつけた希望の光

おなじように股関節の痛みで苦しんでるひとのブログを見ると
いくつか共通して名前があがる場所があった。
銀座にある、
理学療法士さんがやっている自由診療の治療院だ。

アメリカの治療法をとりいれ、
ただしい筋肉の使い方とマッサージで
関節をそれ以上悪くせず、
痛みも軽くできるという。

町の整形外科の対応

私がこれまで行った整形外科は、
何度通ってもレントゲンをとって説明してくれるだけで
手術が必要になるまではなにもしようとしない。

骨盤まわりの筋トレは教えてもらったけれど
それの目的も「将来、術後の経過が良くなるから」というもの。
あくまで手術前提。

そうじゃなくて!
手術なんてしたくないんです。
なんとかそれから逃れる方法はないの?

それにこたえてくれそうなのが
その銀座の治療院だった。

予約してみた

そこはかなりの人気らしく、
予約は2ヶ月前の1日からなのに
あっという間に埋まってしまう。

この前、予約開始になる数時間前に予約表を下見にいったら
たまたまキャンセルがいくつか出ていた。

一瞬迷ったけど、速効で予約。
これであまり待たずに診てもらえることになった。

行ってみた

レントゲンのデータを整形外科でコピーしてもらい、
問診票をダウンロードして記入して
行ってきたのが二日前。

おそわったことをメモしておこうと思ったのだけど、
今回のスペースにはちょっとおさまらなさそうなので
そのうちまた、書いてみます




恩師の訃報

和紙の原料のひとつ、ミツマタ 先日、ともだちの若手和紙職人から一通のメールがきました。 「今日、○○さんが亡くなったそうです。」 突然の訃報 ○○さんとは、私にとっては紙漉きをおそわった師匠であり恩師なのだけど、 その○○先生が亡くなったという連絡で...