2015年11月18日水曜日

自分の頭が、ボケてきてたらどうしよう。ありえない鍵のかけ忘れ






春に職場が今の場所に移ってから、
すでに2回も鍵を閉め忘れて帰っている。

現在の場所はオフィスビルではなく普通のマンションの一室なので、
これってかなり危険なことだ。
幸い、いまのところなにも被害がなかったのが、
不幸中の幸いなのです。


それにしても、
我ながらなんでそうなったのかが、
さっぱりわからない。
自分では思いっきりちゃんと鍵を閉めたつもりだっただけに。


その2回とも、
それぞれ鍵を閉めた記憶はあるのだけど、
いったんノブを回して確認するのを怠っていた。

最近は必ずノブ回しをするようになったのだけど、
なぜか今日はひさびさにノブ回しを忘れていたことを、思いだした。

正直、かなり焦っている。
どうかちゃんと閉めてありますように!

明日がこわい。



じつは
以前の職場でも1度だけ閉め忘れをやってしまったことがあったのだけど、
当時はアルソックに入っていたのでギリギリセーフだった。

今の場所はアルソックには入っていない。
なにかあればかなりヤバい。

また、以前の職場の鍵は2つ閉めるタイプだったので、
鍵をまわす作業を2回すること自体が自分の中で確認になっていたように思う。

いまの鍵は1つしかないので、
うっかり度が相当上がっているようだ。

もともと記憶力には全然自信のないほうだったけど、
最近どんどんあやふや度があがってて泣きたい。


追記:翌日のチェックでちゃんと鍵は閉まっていたことが判明。
よかった!


恩師の訃報

和紙の原料のひとつ、ミツマタ 先日、ともだちの若手和紙職人から一通のメールがきました。 「今日、○○さんが亡くなったそうです。」 突然の訃報 ○○さんとは、私にとっては紙漉きをおそわった師匠であり恩師なのだけど、 その○○先生が亡くなったという連絡で...